沖縄コンドミニアム | モリマーリゾートホテル

沖縄 リゾートホテル|読谷村観光ガイド

沖縄コンドミニアム | モリマーリゾートホテル

沖縄県の読谷村にあるモリマーリゾートホテルは、そうしたコンドミニアムの特長的機能に、豪華なリゾート仕様を施した長期滞在型リゾートホテルとして誕生しました。

新館ビーチリゾートモリマー

本館モリマーリゾートホテル

レストラン

ホテル案内

オプションサービス

交通・アクセス

リゾートウェディング

読谷村ガイド

ホテルパンフレット

宿泊について

沖縄 リゾートホテル

コンドミニアム
モリマーリゾートホテル

〒904-0305
沖縄県読谷村字都屋45番地1
TEL098-921-5050(代)
FAX098-921-5051
E-mail:info@morimar.com

沖縄 リゾートホテル|レストラン

フィッシャーマンズウォーフ

フィッシャーマンズウォーフ

沖縄県読谷村に建つビーチサイドレストラン 「フィッシャーマンズウォーフ」アメリカンムード漂う店内、海に面した最高のシーサイドロケーション、新鮮な海の幸、山の幸を取り入れた多彩な料理の数々が至福のひとときをお約束します。

詳しく見る Restrant English Menu


沖縄リゾートホテルモリマーリゾートホテルを予約

ホテル案内

テレビCM

お問い合わせ

読谷村観光ガイド

読谷村観光ガイド

ホテルが位置する読谷村の観光情報・ホテル周辺のおすすめスポットなどを紹介しております。是非ご活用下さい。


座喜味城跡(ざきみじょうあと)

住所:沖縄県中頭郡読谷村字座喜味2975番地
電話番号:098-958-3141
URL:http://www.yomitan.jp/1/709.html

築城家としても名高い読谷山按司護佐丸によって築かれた

座喜味城跡は15世紀の初頭、築城家としても名高い読谷山按司護佐丸によって築かれたといわれる。
護佐丸は当初、座喜味の北東約4kmにある山田グスクに居城していたが、1416年(1422年の説もあり)中山尚巴志の北山城(今帰仁城)攻略に参戦し、その直後、地の利を考慮し座喜味へ築城したといわれる。
座喜味城跡は1956年に琉球政府の重要文化財に指定され、日本復帰の1972年には国指定史跡となる。翌年の1973年から1985年の間、文化庁・沖縄県の補助を受けて城跡の発掘調査や城壁修理が進められて、日常的に歴史と触れあえる空間としてよみがえる。
2000年12月2日には村民待望の「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の資産のひとつとして世界遺産に登録された。




読谷村観光ガイドTOPに戻る